京都北野天満宮徒歩約5分、中村製餡所です。あんこ、もなか、餡をつかった菓子材料をお探しでしたら、一度お越しください。

京都 老舗 餡専門店 中村製餡所

 
京都府京都市上京区一条通御前西入大東町88
TEL 075-461-4481
FAX 075-467-0061
ツイッター @kamasii
おいしい餡の秘密
素材へのこだわり
食品は食材がすべてと言っても過言ではありません。
当店では、北海道産の小豆を厳選吟味し、小豆独特の風味に優れた豆を主原料としています。
畑でできる小豆は、その年の気候等によって、畑によって作柄が異なるため、その都度、産地を選び厳選するのです。
納得のいく小豆に出会うまで、妥協することなく、時間をかけて仕入れています。
手間ひまかける伝統製法へのこだわり
当店は明治41年の創業以来、約百年にわたる伝統の製法を守り続けています。
食品は、手間ひまをかければかけるほど美味しくなります。当店のあんは、その道一筋の職人が
昔ながらの製法を守り、丹精込めて製造しています。
食品添加物は一切使用しておりません
当店では、上記の二つのこだわりをもってあん作りを続けています。
昨今、多くの加工食品に食品添加物(甘味料、着色料、保存料、香料等)が使用されていますが、
当店のあんこは、これら食品添加物は一切使用しておりません。
美味しいあんは、「選び抜かれた素材」と「手間ひまかけて作る」からこそ生まれるものと信じています。
素材と手間ひま100%の味を是非ご賞味ください!!!
和菓子レシピ
いちご大福 【18個分】 桜もち 【50個分】
≪材料≫
 ・餅粉 … 200g  ・味付白あん … 500g  ・砂糖 … 80g
 ・いちご … 18個  ・水 … 360cc
 ・コーンスターチまたは片栗粉 … 少々
≪桜もち材料≫
 ・水 … 250g  ・道明寺粉 … 500g  ・桜葉 … 50枚
 ・砂糖 … 250g  ・味付けこしあん … 1kg
 
①餅粉、砂糖、水を電子レンジ用の容器に入れて、よく混ぜる。
② ①を7分間、電子レンジで加熱して、木杓子でよく練り、再び
  電子レンジで1分間加熱する。取り出した後、荒熱が取れるま
  で少しおく。
③白あんで、いちごを包み込み、あん玉を作っておく。
④あん玉を②で出来た生地で包み込むと、できあがり。
 
(注)④の作業の時、手にくっつくので、コーンスターチまたは片 栗粉を手にまぶしてからする。
≪つや寒天材料≫
  ・寒天 … 4g  ・水 … 250cc  ・砂糖 … 50g
 
①道明寺粉を水でさっと洗い、蒸気のたった蒸器に布巾を敷い
  て強火で20分蒸す。
②鍋に砂糖と水を入れ、沸騰後1分間煮る。火を止めて食紅で
  ピンクにする。
③蒸しあがった①を②の中へ入れてかき混ぜ、布巾をかけ、鍋
  に蓋をして15分間むらす。
④あんは、50個分にわ分けて丸めておく。
⑤前もって水につけておいた寒天4gを、
 250ccの水と50gの  砂糖を入れて煮る。
⑥あんを③で包んで上から⑤を全体にぬり、
  桜葉に包んで、できあがり。
水ようかん 水無月
≪材料≫
 ・こしあん(砂糖入り) … 500g  ・糸寒天 … 8g
 ・砂糖 … 110g  ・水 … 500cc
≪材料≫
 ・薄力粉 … 90g  ・強力粉 … 90g  ・くず粉 … 30g
 ・砂糖 … 140g  ・ぬるま湯 … 500cc  ・かのこ … 180g
①寒天を500ccの水に1時間つけた後に煮る。
②完全に溶けたら砂糖110gを入れてこれを溶かす。
③こしあん(砂糖入り)500gを入れて強火で沸騰させ、沸騰後
  は弱火にして2~3分で上げる。
④荒熱を取ってから容器に入れる。
①250ccのぬるま湯に薄力粉、強力粉、くず粉、砂糖をとかす。
②残り250ccのぬるま湯も加える。
③ ②を50ccだけ残して、バットに布巾を敷いたものに
  流し入れる。
④15分蒸し、蒸した物の上にたまった水をふき取り、かのこを
  並べて、残しておいた50ccの分を上から流し入れ再び8分
  蒸す。